猫耳アンテナ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の猫印/食欲の秋・芸術の秋

<<   作成日時 : 2017/10/20 22:11   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

FUJIFILM S1500にて撮影。


猫がふらふら歩いていたので後をつけたら、近所の家の鉢植えに生えた草を食べていました。

食欲の秋なので、たまにはサラダを食べたくなったのかもしれません。

が、本当は冬毛に生え変わる時の毛玉出しでしょうが、ふんわり芸術的な冬毛になるのでしょうね…


★猫コメ
また富士のS1500を使いましたが、太陽が出ていてクロームで色を濃い目に撮ると色が綺麗にでるようでした。富士の機種でもまだコントラストが強烈な時期のデジカメなので、色も発色が高く強めになりました。
太陽の光を見て、できるだけ斜めの光で影が強い感じになる角度で撮るとメリハリが出てそれっぽい写真になりました。光りのコントラストもに加え、色や構図のコントラストもあると強い印象になるようです。

また、12倍程度ですが12倍近くでできるだけ寄って、背景が後ろに離れるようにするとボケがでて綺麗になった気がします。スマートフォンでも今は背景ぼかし機能がありますが、絞り羽根特有の丸いボケが出る感じがやはりカメラのよさかなとも思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今主流のCMOS機のサブとして使おうとすると、CCD機はコントラストが違い過ぎて別モノという感じでした。
単独で使うといいかもしれないですね。
Lucian
2017/10/23 17:56
CMOS自体もそうですが、ダイナミックレンジ補正や暗部補正が標準機能になった今の機種とはコントラストの部分でだいぶ違うでしょうね。
黒つぶれや白トビが出ないように、出ないように撮る事とはま逆の感覚になりますので、とくに色を出しながら黒つぶれを利用する撮り方の時だけ持ち出した方がいいのかもしれません?…
ねねここ
2017/10/24 00:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の猫印/食欲の秋・芸術の秋 猫耳アンテナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる