猫耳アンテナ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の猫印/雀のお宿に春の声

<<   作成日時 : 2017/01/30 23:31   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

PENTAX *istDにて撮影。


公園の入り口の柵のスズメにだれかがセーターを着せていて、ホンワカしました。

雀のお宿はまだまだ寒そうですが、急に暖かい日が来たりするので春の声は近いようです。

急な寒暖差は体にこたえるので、ゆっくり暖かくなって春になっていくのがいいなと思います…


★猫コメ
使えなくなるとまずいので久しぶりに一眼を動かしてみましたが、壊れてる感じがしなかったので大丈夫そうでした。

PENTAX *istDは初期型なのでもう10年以上も前の一眼ですが、昔のきちんとした作り方で当時は高かっただけがあり物はいいものだった様です。フィルム一眼からデジタルに変わった時期だったので、部品の耐久性も高いのかもしれません。
レンズは35mmF2の単焦点ですが、やはり変なボケがなくゆがみもでないのでやさしい自然な描写と柔らかいボケが一眼だなと思いました。600万画素という今ではおもちゃ的な画素も柔らかさに貢献している印象でした。

今となってはピント合わせのAFがだめだめですが、フィルム的な優しい感じの写りが今となっては貴重になってきたので売らずに持っていたかいがありそうです。
新型の一眼はもっと楽にいい写りでいつも撮れると思いますが、ホワイトバランスがどのメーカーも正確になった分、メーカーの特徴は無くなって来たはずなので、余計に個性がありそうでした。

普段はコンデジやスマートフォンなど、手軽なデジカメでくっきり写真を撮っている人も、たまにはのんびりした写真を撮るために古い一眼でも、安く買って使うのもいいような気がしました。
性能がそんなに良くなくても、レンズと大きな素子のボケは味わえるので、のんびり写真には楽しいと思いますし、自分好みの仕上がりに設定できるのが一眼のいいところですので。

ちなみに*istDにバッテリーグリップをつけて使いましたが、縦撮りがとても撮り易くてよかったので、大きくなってもバッテリーグリップをつけられる一眼は古くても便利です…(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今までと違う写りなのはすぐわかりました。
単焦点レンズはボケもきれいでいいですね。
35mmF2ということは、APS-Cなら換算52mmくらいですか。
Lucian
2017/01/31 22:55
ただ、使えるかどうか試したかっただけですが使えるので助かりました(^^;

24mmに慣れたので最初は狭くて戸惑いましたが、マクロレンズじゃなくても写真の程度は撮れるので、52mm程度ですが標準レンズの画角は昔から言われている様に使いやすい感じでした。
撮るだけでボケがでるので簡単ですし、やはり合成ではなく本物はいいですね。カメラが古すぎますが(^^;…
ねねここ
2017/02/01 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の猫印/雀のお宿に春の声 猫耳アンテナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる